top of page

どうして1年に1度しか会えないのか?


短冊と笹竹

こんにちは!カムラック愛知のロマンチックガール・Hです!

今日は七夕。わたしの中では、大好きな水樹奈々さんの歌「7月7日」をしみじみと聞く日でもあります。

今日は、そんな七夕にまつわる豆知識をお伝えします。


七夕といえば、

短冊に願い事を書いて笹竹につるしたら願いが叶うとか、

織姫と彦星が1年に1度会えるとか、

何かとロマンチックな日ですよね。

わたしもたまに外を歩いている時に、短冊が置いてあったりすると「七夕だな〜」と思いながら、短冊にその時の願い事を書きます。

そういえば今年は短冊に出会いませんでした。今年は願い事が叶わないのかもしれません。


そんな七夕ですが、よくよく考えてみると、

なぜ織姫と彦星は1年に1度しか会えないのでしょうか?

お互いに距離が離れすぎているから?

ちなみに、2人の距離は14.4光年ほど離れています。光速で移動しても、約14年半かかります。2人はとんでもない遠距離恋愛をしているのです。

実は、、、


2人も仕事をせず怠けてしまったから、離れてしまったのです!!


織姫のお父さんが織姫に彦星を紹介したところ、2人は恋に落ちて結婚することになるのですが、

結婚後2人はラブラブしすぎたことにより、仕事しなくなった織姫のお父さんが2人を引き離しました。

引き離したら仕事するかと思いきや、悲しみのあまり2人は仕事しなかったので、

これも見かねた織姫のお父さんが

「2人が真面目に働くなら、1年に1度会わせてやる」

と言いました。

2人は1年に1度の楽しみがあるおかげで、仕事を頑張るようになりました。


天の川

これが1年に1度しか会えない理由なのですが、わたしだったら1年に1度しか会えなかったら、その人のことを忘れてしまいそうです。

1年もあれば、顔も、性格も、考えも、環境も、少しずつ変わっていると思うのです。

だから、今日1年ぶりに会った織姫と彦星も、

「・・・だれ?」

ってなっているんじゃないかな、と思いました。


参考リンク




カムラック愛知ではお金持ち障がい者を生み出します!


カムラック愛知では、障害をお持ちの方々がITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを習得することで、自己実現や社会参加、社会復帰をできるよう支援しています。私たちは、技術革新が進む現代社会において、障害をお持ちの方々が情報化社会に適応し、新しい可能性を見出すことができるよう、WEBマーケティングやSNSを中心に研修を提供しております。


また、カムラック愛知では、障害をお持ちの方々に対し、一人ひとりに合わせたカスタマイズしたプログラムで一般就労をサポートいたします。これは、障害の程度や種類、環境などによって必要なスキルやサポートが異なることを考慮したものです。

障害に関する専門的な知識や経験を持つスタッフや、PCの専門知識やスキルを持ったスタッフが個々のニーズに応じ的確なアドバイスや指導を行い、障害をお持ちの方々がスムーズにスキルを習得できるように支援してまいります。


私たちの目的は、障害をお持ちの方々が社会に参加し、自立した生活を送ることができるようにすること。カムラック愛知では、ITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを通じて、障害をお持ちの方々が、社会復帰や一般就労を果たすための力を身につけられるよう、誠心誠意取り組んでまいります。




カムラック愛知について

事業所名

カムラック愛知

事業所番号

2316101522

運営会社名

株式会社グローバルスタッフサービス

代表取締役

八神 守隆

住所

〒460-0013

名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

電話番号

052-228-4921

FAX

052-228-4921

お問合せ

カムラック愛知の住所

〒460-0013 名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

障がい者就労支援についてご質問がある場合はこちらからお願いいたします。


bottom of page