top of page

ゲームストリーミングについてあれこれ:その3


VRゲーマーの画像
どんなゲームが実況向きか?

こんにちは、最近は寒暖差で調子が狂いがちなK.Oです。

前回、前々回と不定期でゲーム実況のやり方について触れてきたこのシリーズ。今回は「どのようなジャンルが実況に向いているか?」というお話をしていきたいと思います。



アクションのあるものは注目されやすい



ゲーマーの画像
「動き」があるとその分動画に映えやすい

例えば、ざっとこのサイトで紹介されているゲームを見てみると、「Apex Legends」や「Minecraft」、「原神」などジャンルは多岐に渡りますが、そのどれもが共通して「画面内のキャラクターが派手に動き回る」という共通点を持っています。当然の事ながら、派手な動きは視聴者の目を引くという意味で「動画映え」します。また、「Dead by Daylight」や「バイオハザード」シリーズのようなホラーゲームなどは、プレイヤー(配信者)の怖がるリアクションを目的として動画を見にくる視聴者が多いです。これらのことから分かるように、ゲーム配信には「動き」があるゲームが向いている、と断言ができます。


ゲームによっては注意が必要


サッカー選手の喧嘩の画像
マナーやルールは守りましょう

前々回でお伝えしたように、ゲームによっては最低限のルールやマナーを守らなくてはならないものも存在します。例えば、対戦や協力をするゲームにおいてはこちらが「配信している」という事を示すことが大事で、動画内で相手の名前を隠すように編集することや相手の許可を得て配信を行う必要性も出てきます。相手との喧嘩はもっての他で、一度でも険悪なムードが出てしまえば炎上する、なんてことも…。また、ストーリーをメインの売りにしているゲームの中にはネタバレを防ぐため配信を制限しているゲームや配信そのものを禁止にしているゲームも存在し、過去には配信を禁止しているにも関わらずゲームを実況配信したプレイヤーが逮捕されてしまったこともありました。これらのトラブルを避けるためにも、各ゲームの公式サイトに書かれている「配信時の注意事項」にはしっかり目を通しておかなければなりません。



時には昔のゲームを選ぶ選択肢も


ドンキーコングの画像
レトロゲームを実況するとそれだけで付いてくる視聴者も

ここまで当ブログを読んでいただいた方の中には、ネット対戦や協力を売りにしたゲームやストーリーを重視したゲームが配信し辛い!と感じた方もいることでしょう。そこで一つの方向性としてオススメなのが「レトロゲームを実況・解説する」という方法です。昔のゲームならば、ネットに繋げずとも遊べる作品が揃っていますし、また既にそのゲームをクリアしている人も多いためネタバレを気にしなくても大丈夫なわけです。とうに販売を終了した昔のゲーム機を揃えるのは苦労するかもしれませんが、最近ではレトロゲームが現行のゲーム機に移植されるケースも多く、またゲーム機によっては互換性を持つ機種もあるので環境を揃えるのは然程難しくはありません。また、レトロゲームは今のゲームと違い難しいものが多いため「魅せるゲームプレイ」にももってこいです。加えて視聴者はそのゲームを懐かしがりながら動画を見に来る方も多いので、そういった層にターゲットを絞って実況・解説を行うのもまた一手だと言えるでしょう。


基本的に、実況・解説の動画を作るにあたってゲームジャンルに向き不向きはないと私は考えています。大事なのはルールやマナーを守っていかに視聴者を楽しませていくかです。今回挙げたのは一つの参考にすぎませんが、これがいずれ皆さんのお役に立てればよいと私は思っています。



カムラック愛知ではお金持ち障がい者を生み出します!


カムラック愛知では、障害をお持ちの方々がITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを習得することで、自己実現や社会参加、社会復帰をできるよう支援しています。私たちは、技術革新が進む現代社会において、障害をお持ちの方々が情報化社会に適応し、新しい可能性を見出すことができるよう、WEBマーケティングやSNSを中心に研修を提供しております。


また、カムラック愛知では、障害をお持ちの方々に対し、一人ひとりに合わせたカスタマイズしたプログラムで一般就労をサポートいたします。これは、障害の程度や種類、環境などによって必要なスキルやサポートが異なることを考慮したものです。

障害に関する専門的な知識や経験を持つスタッフや、PCの専門知識やスキルを持ったスタッフが個々のニーズに応じ的確なアドバイスや指導を行い、障害をお持ちの方々がスムーズにスキルを習得し、パソコンの仕事に結びつくよう支援してまいります。


私たちの目的は、障害をお持ちの方々が社会に参加し、自立した生活を送ることができるようにすること。カムラック愛知では、ITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを通じて、障害をお持ちの方々が、社会復帰や一般就労を果たすための力を身につけられるよう、誠心誠意取り組んでまいります。




カムラック愛知について

事業所名

カムラック愛知

事業所番号

2316101522

運営会社名

株式会社グローバルスタッフサービス

代表取締役

八神 守隆

住所

〒460-0013

名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

電話番号

052-228-4921

FAX

052-228-4921

お問合せ

カムラック愛知の住所

〒460-0013 名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

障がい者就労支援についてご質問がある場合はこちらからお願いいたします。




bottom of page