top of page

ChatGPTとの付き合い方


ノートパソコンでの作業の画像
100%望んだ答えが返ってくるわけじゃないのがChatGPT

こんにちは、最新AIテクノロジーに結構興味があるK.Oです。

私は作業の関係上ChatGPTを使うことが多いのですが、このChatGPT、上手く「お願い(命令文)」を出さないとトンチキな答えを繰り出してくる困りもの。まだまだ技術の発展途上にあるとはいえ、読者の方にも仕事上ChatGPTと付き合っていかなければならない方も多いでしょう。なので、今回は私なりのChatGPTのコツを皆さんにお知らせしようと思います。



まず「役割」を持たせる

最初からChatGPTに「あれをやって!」やら「これを作って!」と言っても、必ずしも精度の高い答えが返ってくるとは限りません。ですので、あれこれ質問を繰り出す前にまずやるべきことは《ChatGPTに役割を与える》ことです。例えば小説の簡単なプロットを書くなら「あなたは編集者です」と、キャラクターの台詞を考えたいなら「あなたはそのキャラクター」ですと目的ごとに「役割」を与えるわけです。そうすることで、ChatGPTから返ってくる答えもより精密になるのです。



ChatGPTの使用画面その1
例えばブログ記事のアイディアが欲しい時は「役割」をこう設定します

条件を設定する

ChatGPTは闇雲に質問をするよりも「条件」を設定した上で質問する方が答えの精度が上がります(これを「プロンプト」と呼びます)。例えば、以下のように条件を設定すれば条件に沿って質問の答えを出力してくれます。



ChatGPTの使用画面その2
「#条件」と付けた見出しの下に設定を入れるとそれに沿ってくれます

こうすることで、例えば物語の登場人物の細かい設定などを文章に取り入れてくれるというわけです。これは便利なので是非覚えておくべきだと私は思います。



修正は質問に対する「応答」で

ChatGPTから返ってきた答えが間違っていたり、あるいは想定したものとズレていたりすることが時折あります。ここは手作業で修正するのも良いのですが、修正したい箇所を反映させてChatGPTに出力させるという手もあります。



ChatGPTの使用画面その3
間違った回答が返ってきた場合は間違いを指摘することも

間違いをこちらで指摘したり、修正・加筆してほしい箇所を条件に設定することでChatGPTが更に精度を高めた回答を出力してくれます。ただ100%完璧というわけではないため、その際は手作業で文章を修正するのが望ましいでしょう。


いかがでしょうか?

ChatGPTが望ましい答えを返してくれないと困っている場合は、これらのコツを利用してChatGPTに質問を投げかけてみてください。完璧とは少々言い難いかもしれませんが、それでも皆さんの望んだ答えをより精密に出力してくれることでしょう。



カムラック愛知ではお金持ち障がい者を生み出します!


カムラック愛知では、障害をお持ちの方々がITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを習得することで、自己実現や社会参加、社会復帰をできるよう支援しています。私たちは、技術革新が進む現代社会において、障害をお持ちの方々が情報化社会に適応し、新しい可能性を見出すことができるよう、WEBマーケティングやSNSを中心に研修を提供しております。


また、カムラック愛知では、障害をお持ちの方々に対し、一人ひとりに合わせたカスタマイズしたプログラムで一般就労をサポートいたします。これは、障害の程度や種類、環境などによって必要なスキルやサポートが異なることを考慮したものです。

障害に関する専門的な知識や経験を持つスタッフや、PCの専門知識やスキルを持ったスタッフが個々のニーズに応じ的確なアドバイスや指導を行い、障害をお持ちの方々がスムーズにスキルを習得し、パソコンの仕事に結びつくよう支援してまいります。


私たちの目的は、障害をお持ちの方々が社会に参加し、自立した生活を送ることができるようにすること。カムラック愛知では、ITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを通じて、障害をお持ちの方々が、社会復帰や一般就労を果たすための力を身につけられるよう、誠心誠意取り組んでまいります。




カムラック愛知について

事業所名

カムラック愛知

事業所番号

2316101522

運営会社名

株式会社グローバルスタッフサービス

代表取締役

八神 守隆

住所

〒460-0013

名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

電話番号

052-228-4921

FAX

052-228-4921

お問合せ

カムラック愛知の住所

〒460-0013 名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

障がい者就労支援についてご質問がある場合はこちらからお願いいたします。


Comments


bottom of page