top of page

ChatGPTの困りごと


コンピューターのイラスト
便利なChatGPTにも限度はある

こんにちは、カムラック愛知利用者第1号のK.Oです。

以前ご紹介したように私は作業の都合上ChatGPTに触れる機会が多いのですが、未だ発展してる最中の技術であるが故に、まだChatGPTも完璧な回答を出力してくれるとは限らないわけです。今回はそういった困りごとの例と、それに対して私がどう対応しているかをここに記したいと思います。



架空の例を出してしまう


ChatGPTの画面01
条件に指定しても入れてしまう例がある

例えば、上の画像のように「人魚が登場する漫画を挙げてみて!」と命令文を書いても、(指示がない限り)ChatGPTは架空の作品を挙げてきます。これに関しては最初に「架空の作品を挙げない(実在の作品を挙げる)」と設定する、もしくは修正の際に設定してあげるとよいでしょう。



情報が間違っている

ChatGPTの画面02
萩尾望都が人魚をテーマにして描いたのは「海の青」

修正を頼んで文章を再出力してもらっても、このように間違った答えが返ってくることがあります。この場合、ちゃんとした情報を修正内容としてChatGPTに伝えるとそれが反映されます。



ChatGPTの画像03
このように指摘してあげましょう

設定が反映されなくなる

最初に条件を設定した文章(ショートストーリーであればキャラクター設定など)を何回かに分けてChatGPT上で修正・拡張していると、ChatGPTがその最初の条件を忘れてしまいそれまでとは異なる文章を出力することがあります。そのような時は、予め設定しておいた条件に従わせて再度文章を出力させるか、あるいはその都度条件を設定し直すかして対応しましょう。なかなかむず痒いポイントではありますが、ChatGPTも完璧ではないのでこういったこまめな対応が必要となるわけです。



いかがでしたでしょうか?

ChatGPTを扱う際は今回挙げた対応をこまめに行なうだけでもその精度が違ってきます。もしChatGPTが望まない回答を出力してしまうという場合は是非これらのポイントを踏まえた上でChatGPTに付き合ってみてください。きっと皆さんが望むChatGPTの回答に近づけることでしょう。



カムラック愛知ではお金持ち障がい者を生み出します!


カムラック愛知では、障害をお持ちの方々がITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを習得することで、自己実現や社会参加、社会復帰をできるよう支援しています。私たちは、技術革新が進む現代社会において、障害をお持ちの方々が情報化社会に適応し、新しい可能性を見出すことができるよう、WEBマーケティングやSNSを中心に研修を提供しております。


また、カムラック愛知では、障害をお持ちの方々に対し、一人ひとりに合わせたカスタマイズしたプログラムで一般就労をサポートいたします。これは、障害の程度や種類、環境などによって必要なスキルやサポートが異なることを考慮したものです。

障害に関する専門的な知識や経験を持つスタッフや、PCの専門知識やスキルを持ったスタッフが個々のニーズに応じ的確なアドバイスや指導を行い、障害をお持ちの方々がスムーズにスキルを習得し、パソコンの仕事に結びつくよう支援してまいります。


私たちの目的は、障害をお持ちの方々が社会に参加し、自立した生活を送ることができるようにすること。カムラック愛知では、ITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを通じて、障害をお持ちの方々が、社会復帰や一般就労を果たすための力を身につけられるよう、誠心誠意取り組んでまいります。




カムラック愛知について

事業所名

カムラック愛知

事業所番号

2316101522

運営会社名

株式会社グローバルスタッフサービス

代表取締役

八神 守隆

住所

〒460-0013

名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

電話番号

052-228-4921

FAX

052-228-4921

お問合せ

カムラック愛知の住所

〒460-0013 名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

障がい者就労支援についてご質問がある場合はこちらからお願いいたします。


bottom of page