top of page

餅つきは大変!


かるたの画像
年末年始はもう少しゆっくりしたい

こんにちは、お餅は主にきな粉餅が好きなK.Oです。

皆さんはもうお正月の餅つきを済ませましたか?餅つき自体を行っていないところもあるかもしれませんが、ここでは餅つきの慣習があるという前提で話を進めさせていただきます。

私の家では年末に餅つきを済ませるのですが、2023年のそれはとにかくもう大変でブログを書いている現時点でもその疲れが取れていない状態です。では、去年の年末がどれだけ大変だったかということを今回ブログの話題にしたいと思います。



石臼を運んだことはありますか?


石の画像
石で出来ているものはとにかく重い!

両親の生まれがそれぞれ異なる以上、私の家では父方と母方で2回ほど餅つきを実施しなければならないのですが、母方の方では餅つきの際に石臼を用います。これがとんでもない重さで、大人2人でも全く持ち上がらないほど重い!しかしこれを運ばなければ餅つきができないので、何とか転がして荷台に乗せなければなりません。押してもびくともしない石臼をどうにか引っ張り出す/片付ける、これだけで我々の体力は相当疲弊してしまいました…。



餅をつく間も怪我にご注意


整体の画像
腰や肩が痛くなる、それが餅つき

さて、石臼を使う母方の方の餅つきが済んだら次は父方の方の餅つきを行わなければなりません。父方の方では幸い石臼ではなく木の臼で餅をつくのですが、今回つく餅米は芯が固めで、それが7つもあるのでその分杵でつく作業が必要になります。加えてその場には杵でつくという力仕事ができる人が限られているので、4〜5人で交代しながら餅をつくことになりました。当然私も協力しましたが、その前日には重い石臼を運んでいたため今になって腰や肩が重くなるという現象に見舞われています…。


これまでは毎年恒例だった我が家の餅つきですが、今までもコロナ禍で中止になったり、両親・親戚の高齢化に伴い次回も行えるかどうか?という懸念が浮かんできたりと一筋縄には行っていないのが現状です。ですが、続けられるうちにやっておくのもまた必要ではないかと私自身は考えています。苦労に見合った分だけおいしいお餅が手に入ると思えば…まぁ安いものでしょうね。



カムラック愛知ではお金持ち障がい者を生み出します!


カムラック愛知では、障害をお持ちの方々がITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを習得することで、自己実現や社会参加、社会復帰をできるよう支援しています。私たちは、技術革新が進む現代社会において、障害をお持ちの方々が情報化社会に適応し、新しい可能性を見出すことができるよう、WEBマーケティングやSNSを中心に研修を提供しております。


また、カムラック愛知では、障害をお持ちの方々に対し、一人ひとりに合わせたカスタマイズしたプログラムで一般就労をサポートいたします。これは、障害の程度や種類、環境などによって必要なスキルやサポートが異なることを考慮したものです。

障害に関する専門的な知識や経験を持つスタッフや、PCの専門知識やスキルを持ったスタッフが個々のニーズに応じ的確なアドバイスや指導を行い、障害をお持ちの方々がスムーズにスキルを習得し、パソコンの仕事に結びつくよう支援してまいります。


私たちの目的は、障害をお持ちの方々が社会に参加し、自立した生活を送ることができるようにすること。カムラック愛知では、ITやWEBマーケティング、SNSの知識やスキルを通じて、障害をお持ちの方々が、社会復帰や一般就労を果たすための力を身につけられるよう、誠心誠意取り組んでまいります。




カムラック愛知について

事業所名

カムラック愛知

事業所番号

2316101522

運営会社名

株式会社グローバルスタッフサービス

代表取締役

八神 守隆

住所

〒460-0013

名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

電話番号

052-228-4921

FAX

052-228-4921

お問合せ

カムラック愛知の住所

〒460-0013 名古屋市中区上前津2-9-16 ビラ三秀205号室

障がい者就労支援についてご質問がある場合はこちらからお願いいたします。


bottom of page